トップ > 地区連合町内会 > 第1地区中部連合町内会

第1地区中部連合町内会

地区の特徴  当地区は、約300年前の吉田新田の埋め立て以降、開港や震災を経て現在まで、吉田町や伊勢佐木町などの繁華街とともに常ににぎわってきました。
  昔から町内会=商店街が特徴ですが、今はマンションも増え、住民の皆さんとともに、お隣りどうし顔の見える街づくりを目指しています。
  年間の行事としては「親子ハイキング」や「障害者と青少年のふれあいボーリング大会」など、20年以上にわたって様々なイベントを実施しています。また「お三の宮秋まつり」では約50基の神輿行列が2年に一度、伊勢佐木町界わいを練り歩き、大変なにぎわいとなります。
  最近では、各町内会で防犯パトロールやG30活動など、より暮らしやすい環境づくりのために特に力を入れています。

区域等

伊勢佐木町、長者町5?9丁目、吉田町、末吉町、曙町、弥生町、若葉町、羽衣町、末広町、福富町、蓬莱町

区域マップ

加入の町内会

伊勢佐木町1・2丁目商和会 / 伊勢佐木町3丁目共栄会 / 伊勢佐木町4丁目共栄会 / 伊勢佐木町5丁目商栄会 / 伊勢佐木町6丁目町内会 / 伊勢佐木町7丁目町内会 / 吉田町町内会 / 末吉町1・2丁目町内会 / 末吉3・4町内会 / 末吉町4丁目あおぞら自治会 / 曙1・2丁目町内会 / 弥生町1・2丁目町内会 / 曙弥生3・4町内会 / 曙弥生5丁目町内会 / 若葉町町内会 / 羽衣末広町内会 / 福富町町内会 / 蓬莱町町内会 / 長者町5丁目町内会 / 長者町6丁目町内会 / 長者町7・8・9丁目町内会

活動紹介

防災訓練

防災訓練
当地区の地域避難場所である吉田中学校において、年1回の防災訓練を行っています。消防署・消防団・会場である中学校のご協力の下、地域住民・グループホーム・中学生約200名が参加し、初期消火・人命救助等の訓練を実施します。また、地域の家庭防災員のご協力により、大型かまどを使用した炊き出し・食料配布訓練も行っています。

夏休みラジオ体操

ラジオ体操
毎年、7月下旬の10日間、地区全体を対象にしたラジオ体操を行っています。約100名の地域住民が体育指導員・青少年指導員・吉田中学校運動部と一緒にさわやかな汗を流しています。

お三の宮秋まつり

お三の宮秋まつり
当地域は別名「関外」といいます。開港当時、今の伊勢佐木町と馬車道の間にある吉田橋に関門があったことから関門の内側を「関内」、外側を「関外」と呼んだのがいわれのようです。その関外の鎮守が南区日枝町にある「お三の宮日枝神社」です。
毎年9月、トレーラーで引く神社の大神輿が氏子町内を1日かけて周る他、2年に一度氏子町内の神輿約50基が神社を出発し、伊勢佐木町を通り吉田町まで練り歩きます。横浜のみならず全国から観光客が訪れます。

障害者と青少年のふれあいボーリング大会

障害者と青少年のふれあいボーリング大会
 中区視覚障害者協会と地元の中学校から、毎年たくさんの方にご参加いただき「ふれあいボーリング大会」を実施しています。地元住民や役員と一緒ににぎやかに楽しく続けています。

親子デイキャンプ・親子ハイキング

親子デイキャンプ・親子ハイキング
 キャンプ、ハイキング、それぞれ夏と秋の恒例行事です。ハイキングは担当役員の皆さんが紅葉の楽しめる関東近郊の行楽地を厳選して企画し、毎年定員いっぱいになる大人気のバス旅行です。

その他

【地区連合町内会定例会報告】

▲ 上部へ戻る