トップ > 地区連合町内会 > 本牧・根岸地区連合町内会

本牧・根岸地区連合町内会

地区の特徴  この地区は、発足当初から数十年「第五地区連合町内会」という名称でしたが、地域からこの名称だと中区の何処に位置しているのか分からないとの声があり、平成18年10月1日より、昔から親しんで呼ばれていた本牧、根岸の名称を用いて「本牧・根岸地区連合町内会」と改称しました。
  地域内には、12の自治会・町内会があり、現在約8,000世帯が生活しており、中区最大の世帯構成となっていますが、昔は「本牧・間門・根岸」と呼ばれ、東京湾に面し漁業を主とした漁師町で、静かで落着いた住宅街が混在する街並みでした。航空写真
  現在は、本牧臨海地区の再編で、膨大に埋立て造成された地域に工場群が建ち並び、更に住居のすぐそばに高速湾岸線・産業道路が走り、大気汚染・騒音問題等環境の悪化が懸念されております。
  地区の各自治会町内会が力を合わせ、住みやすく、「環境にやさしい街づくりをめざして」活動しております。

区域等

矢口台、池袋、根岸加曽台、本牧間門、本牧荒井の一部、本牧原、本牧元町、根岸町、本牧三之谷、本牧大里町、錦町

区域マップ

加入の町内会

望洋自治会 / 間門荒井交友会 / 本牧原町内会 / 本牧元町南部町内会 / 本牧元町北部町内会 / 本牧元町東部町内会 / 根岸町自治会 / 本牧三之谷町内会 / 本牧大里町町内会 / 本牧ポートハイツ自治会 / 横浜マリンハイツ1号館自治会 / 横浜マリンハイツ2号館自治会

活動紹介

本牧・根岸地区沿道環境連絡会

本牧・根岸地区沿道環境連絡会
 安全で住みやすい環境は、地区の住民の願いです。
 地区連合町内会では、高速湾岸線・産業道路環境対策として、横浜市道路局・港湾局・首都高速道路株式会社とともに連絡会を設け、定期的に「環境現況調査」(騒音・大気質・振動)を行い、その結果を見て対策を検討しています。

お馬流し

お馬流し
 神奈川県無形民族文化財の指定を受けた「お馬流し」が毎年8月第1週土・日曜日に行われます。茅で作られた頭が馬、胴体が亀の姿、長さ45cmのお馬さまを、40名の漕ぎ手が沖合い4kmの海上に流し、不漁や厄病の流行をふさぐ漁師の行事を地域で受け継いでいます。

スポーツ・レクレーション大会?連合町内会運動会

スポーツ・レクレーション大会 連合町内会運動会
 毎年9?10月の日曜日、本牧南小学校、間門小学校グラウンドで交互に開催しています。各町内会から毎年多くの参加者があり楽しい秋の一日です。

スポーツ・レクレーション大会?グラウンド・ゴルフ大会

スポーツ・レクレーション大会 グラウンド・ゴルフ大会
 各自治会・町内会から、約90名が参加して白熱した大会を開催しております。

福祉活動?一人暮らし高齢者食事会・高齢者日帰りバス旅行

福祉活動 一人暮らし高齢者食事会・高齢者日帰りバス旅行
 元気なお年寄りは地域の宝です。高齢者の皆さんに喜んでいただけるよう、地区社会福祉協議会と協力して様々な行事を実施しています。

お出かけください

本牧・根岸地区福祉文化センター(連合町内会館)

本牧・根岸地区福祉文化センター(連合町内会館)
 本牧元町34番にあります。
 2階建で、1階は会議室、集会室(8?25名)など3部屋があり、2階は60名が使用できるフロアーとなっています。さらに使いやすい会館を目指して平成20年にリフォーム予定です。
 会議や文化活動・福祉活動など、お気軽にご利用ください。

その他

【地区連合町内会定例会報告】

▲ 上部へ戻る