トップ > 地区連合町内会 > 新本牧地区連合町内会

新本牧地区連合町内会

地区の特徴  「新本牧地区」は、その名の示す通り“新しい街”です。
  太平洋戦争末期の横浜大空襲により、この辺りも一面焼野原と化し、終戦後は、進駐軍による占領接収が始まって、焼跡のバラックに仮住まいをしていた住民はすべて強制退去させられました。接収地には、始めはカマボコ兵舎が建てられていましたが、しだいに芝生に囲まれた立派な家族住宅が立ち並ぶようになり、ショッピングセンターや集会所、劇場等が出来て、フェンスに囲まれた「アメリカ村」等と言われ、約40年近くの年月が経過しました。
  昭和57年、ようやく接収地の解除が決まり、以後約5年間にわたって、区画整理事業が行われ、道路、上下水道、ガスの施設整備、また電機、電話、ケーブルテレビの地下埋設工事等が行われ、電柱のない新しい街に生まれ変わるとともに待ちかねていた地権者に返還されました。返還後は、地権者の合意によって質の高い、より良い街づくりのための「建築協定」や「まちづくり指針」が締結され、センター地区、表通り地区、集合住宅地区、低層住宅地区と街区別の基準や指針を定めて新しい街づくりを進めました。写真
  ゼロからスタートしたこの地区も、現在は約3,000世帯が住む街に発展してきています。戦災から接収によってこの地を追われた人達の中には移転先に定住した人も多く、永い歳月の間、世代交代等もあって、現在、ごく一部の人を除きこの地区に住む人々は、ほとんどが新しい住民で、「新しい人の住む新しい街」が新本牧地区の特徴です。
  この新しい街で、自治会町内会が設立され、町内会数は現在8団体となっており、新本牧地区連合町内会として、より良いまちづくりに向けてともに地域活動を行っています。

区域等

本牧原の一部、本牧和田、本牧宮原

区域マップ

加入の町内会

パークシティ本牧自治会 / 本牧和田コミュニティ / 壱番館・パークコート自治会 / 本牧宮原住宅自治会 / イオン本牧自治会 / ベイシティ本牧南自治会 / ルネサンスシティ本牧自治会 / グランドメゾン本牧自治会

活動紹介

クリーンデー

 毎月第二土曜日を、この地区の「クリーンデー」とし、各自治会町内会ごとに、担当地域の清掃活動を行っております。

スタンプラリー

スタンプラリー
 現在は、年1回、スタンプラリーを実施しています。

地区内の施設等

地区内の公共施設・公園等

本牧中学校 / 本牧小学校 / 本牧地区センター / 中図書館 / 本牧原地域ケアプラザ / 本牧和田地域ケアプラザ / 山手警察署 / 本牧和田消防出張所 / 本牧山頂公園 / 本牧なかよし公園 / 本牧いずみ公園 / 本牧せせらぎ公園 / 新本牧公園

地区内の神社・仏閣等

・本牧神社(本牧和田)
 室町時代から400年以上の間、伝承されているお馬流しが有名です。
・天徳寺(本牧宮原)
・琴平神社(本牧宮原)

地区内の神社・仏閣等 1地区内の神社・仏閣等 2

その他

【地区連合町内会定例会報告】

▲ 上部へ戻る